読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

開発の日々の備忘録

CocoaPodsを導入してみた!


iOS開発で使うOSSライブラリをcocoapods経由でインストールするようにしとけばライブラリの管理が楽です。
というわけでCocoaPodsを導入してみたメモ。

CocoaPodsってなに?


iOSライブラリの管理ツール

cocoapods.org

インストール環境


CocoaPodsを導入する


ターミナルで実行する

インストール

$ sudo gem install -n /usr/local/bin cocoapods

バージョン確認

$ pod --version
 1.1.1

セットアップ
ちょっと時間かかる

$ pod setup
Setting up CocoaPods master repo

CocoaPodsでインストールしたライブラリを使ってみる


ライブラリを使用したいXcodeプロジェクトに移動
(例としてプロジェクト名hoge)

$ cd hoge

Podfileを作成する

$ pod init

作成直後のPodfileの中身はこんな感じ

$ cat Podfile
# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'
 
target 'hoge' do
  # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for hoge

end

Podfileを編集してプロジェクトで利用するライブラリの情報を書く
とりあえずAdMob使えるようにしてみる

$ vi podfile

こんな感じに書き換えた

source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '9.0'

target 'hoge' do
  use_frameworks!
  pod 'Google-Mobile-Ads-SDK', '~> 7.0'
end

ライブラリ(今回の場合はGoogle-Mobile-Ads-SDK)をインストールする

$ pod install

なんかエラー出た

[!] The `hoge [Release]` target overrides the `OTHER_LDFLAGS`〜  
    - Use the `$(inherited)` flag, or  
    - Remove the build settings from the target.  

警告に従ってXcodehogeプロジェクトを開いて、
Target > Build Settings > Other Linker Flagsに$(inherited)を追加すればいい

ここまで作業できていれば、hoge.xcworkspaceが作成されているはず。 今後のXcodeでの開発はhoge.xcodeprojではなく、hoge.xcworkspaceで行う

ライブラリが使えるか確認してみる


上記作業まででライブラリのインストールは終わっているので、
Xcodeプロジェクトを開いて普段通りimport GoogleMobileAdsでビルドできるはず。

備考


ライブラリを追加・削除する場合はpodfileを編集して、pod updateする

$ cd ~/hoge
$ vi podfile
$ pod update