読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

開発の日々の備忘録

リポジトリ管理するのにGitBucketをセットアップした


みんな大好きGitHub
でも、個人用リポジトリは有料なんですよね。

もういっそ自分のGitサーバー構築しちゃえってなわけです。
でも普通にGitサーバー構築してCUIベースで管理するより、GitHubみたいなGUIで管理したい。

そんな我儘がGitBucketなら叶うらしいので使って見ることにした。

Gitってなに


git(ギット)は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。 - git - Wikipedia

使い方はGit公式のドキュメント参考 - Git - 使い始める

Gitbucketってなに


warファイルをサーブレットコンテナにデプロイするだけで利用可能なGithubクローン。

github.com

構築環境


セットアップ


JDK入れる

パッケージのURLはオラクルHPで最新のものを。 Java SE Development Kit 8 - Downloads

$ cd /usr/local/src
$ sudo wget --no-check-certificate \
--no-cookies \
--header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" \
http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u65-b17/jdk-8u65-linux-x64.rpm
$ sudo rpm -ivh jdk-8u65-linux-x64.rpm

環境変数設定。最終行に追記

$ sudo vi /etc/profile 
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

設定反映

$ source /etc/profile 
tomcat&gitbucketセットアップ

tomcatインストール

$ cd /usr/local/src/
$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-8/v8.0.30/bin/apache-tomcat-8.0.30.tar.gz
$ tar xvzf apache-tomcat-8.0.30.tar.gz
$ sudo mv apache-tomcat-8.0.30 ../tomcat
$ sudo rm -rf /usr/local/tomcat/webapps/*

$ sudo useradd -s /sbin/nologin tomcat
$ sudo chown -R tomcat:tomcat /usr/local/tomcat
$ sudo chmod -R 700 /usr/local/tomcat

gitbucket設置

$ sudo wget https://github.com/gitbucket/gitbucket/releases/download/3.9/gitbucket.war -P /usr/local/tomcat/webapps/

tomcat起動

$ sudo -u tomcat /usr/local/tomcat/bin/startup.sh

tomcatで使うポート開ける

$ sudo firewall-cmd --add-port=8080/tcp
$ sudo firewall-cmd --permanent --add-port=8080/tcp

http://ホスト名:8080/gitbucketにアクセスすればログイン画面が出る。

デフォルトのID/PWはroot/rootなので必ず変えとく!

オワリ